2014年 ヨーロッパ IWA 4日目


クリステンセンアームズをIWAにもブースを出しているのでショットショーに引き続き詳しく説明を聞いてみる。

fc2blog_201403131629048b4fc2blog_20140315155120ebd

fc2blog_201403131638473cfアクションは昨年までのレミントンM700の流用だったのが今年から全く新しいものになった。スコープベースが一体式になったことで大きな進化と言える。ステンレス製で重量はさらに軽く設計されています。

fc2blog_20140313163757659fc2blog_20140313163818b59

銃身はカーボン製だが強度はスチール以上であり、銃身命数も同様であるとの事。万一、銃身を交換せざるを得ない状況になった場合でも、1台ごとのスペックが記録されているので可及的速やかに銃身を送ってくるそうだ。

マズルブレーキはオプションだが取り外すことができ、同じくチタニウム製のマズルガードキャップに付け替えておくことができます。

fc2blog_20140313165054e08fc2blog_20140313165113272

銃床もクリステンセンアームズオリジナルであり超軽量の上、強度的に充分である。カーボンファイバーの繊維模様がそのまま浮き出ており、非常に斬新なイメージを受ける。

fc2blog_201403131714313ff

fc2blog_201403131719533d9弾倉は無論、着脱式でありボルトは90度。開閉角。ボルトリリースボタンはレミントンM700を踏襲せずサイドボタン方式である。

fc2blog_20140313172015121

fc2blog_20140313172039ca6fc2blog_201403131721018ae

狩猟に使うライフルは軽いに越したことはありません。しかし軽くすればするほど銃身は細くなり発射バイブレーションが大きくなって命中精度に影響を与えてしまう。

クリステンセンアームズは最も難題だったこのことを解決してしまった。1MOAの精度をメーカーが保証している。銃床もクリステンセンアームズオリジナルの特殊なシンセティック銃床にすれば、重量をほとんど増やさないで価格を10万円以上下げることができます。狩猟用ライフル銃としてこれ以上のものは無いでしょう。

すでに数台の発注をしているので入荷しましたら実射を行い、リポートをしたいと思います。

fc2blog_20140313175513b9d今回のIWAは前回以上、新製品の発表が少なくリポーターの方々も苦労しているようです。駅に通じる橋の上にオルガン弾きのおじいさんを見つけました。ああ、今年のIWAも、やっと終わったと気力が、ふっと抜ける感じがしました。明日はロンドンに移動して、その後パリにさらに移動し、GK Pro社との打ち合わせをして帰ります。


コメントを残す