新着!新散弾銃1挺、中古ライフル銃1挺、中古散弾銃1挺、ご紹介!!

皆様こんにちは!

シューティングサプライ 渡辺です。

 

 

本日アップ致しました新着商品のご紹介です。

赤字又はリンク切れは売約済みです。

 

 

新散弾銃

【SOLDOUT】h&r-20ga-single ハーリントン&リチャードソン 単身中折銃 20-24” 税込¥110,000

アメリカ・ニューヨークのメーカー、ハーリントン&リチャードソンの新銃です。

1挺のみのご紹介です。

単身・中折れの単発銃となります。

新銃ですが、長期保管品の為全く無傷とは言えず、ちょっとしたキズがございます。

と、中間照星の部品が欠品しています。

部品の手配はできません。

20番のインチ、3インチ薬室、元残しハーフライフリング銃身となってます。

上記の内容をご理解いただける方、珍しい銃いかがでしょうか!

銃身長24”、単発式、重量3.4kg、LOP36cm

中古ライフル銃

1115番 サコー M75SS 300Winmag 税込¥132,000

久々のフィンランド、サコー社ライフルが入荷しました。

M75のSS(シンセティック・ステンレス)モデルとなります。

外観は大きなキズ等はございませんが、使用感ございます。

スコープのインストールもご相談にのります。

北海道での遠射にいかがでしょうか!

シンセティックストックにステンレスアクション&バレルですので、天候を気にせず使用できますね!

銃身長24.5”、着脱式 容量4発、重量3.7kg、LOP35.5cm

1116番 ベレッタ 689Eエクスプレス 30-06/20番 税込¥1,100,000

※委託販売品です。

イタリア・ベレッタ製の非常に珍しい銃が入荷しました。

689Eエクスプレスと呼ばれる、元折式のライフル銃身と散弾銃身が揃ったコンビガンです。

外観はほんの少し小傷がある程度で、非常に程度は良好です。

ライフル用二連銃身と散弾用二連銃身がセットとなっています。

ライフル銃身は上下とも30ー06で、銃身長は24インチとなります。散弾銃身は上下とも20番で、ライフリングはなし、薬室長は2.75”(2 3/4”)の28インチ、絞りは上15.3㎜下15.6㎜となります。

30ー06ライフル実包と20番散弾実包を使用できるコンビガンですが、日本国内では「ライフル銃」

扱いとなります。ライフル銃の所持要件を満たした方のみとなり、かつ、散弾銃の教習終了証明書等が

必要になってきます。

更新時も「ライフル銃」と「散弾銃」の技能教習を別々で受講する必要が出てきます。

専用トランクケースが付属します。

※委託販売品となります。業者様も上記価格でのお渡しとなります。すべてセットでの販売です。どちらかの銃身のみでの販売は致しません。

ライフル用銃身 銃身長24”、上下共30ー06、重量3.7kg

散弾用銃身 銃身長28”、上下共20Ga、重量2.8kg、2.75”薬室、上15.3㎜下15.6㎜

LOP 35.5cm/33cm(両引きトリガー)

中古散弾銃

【SOLDOUT】1117番 ウェザビー オリンピアン 12-30”トラップ 税込¥66,000

非常に珍しいかと思います、ウェザビー社の散弾銃が入荷しました。

オリンピアンというモデルのトラップガンです。

外観は木部に数か所小傷がありますが、全体的には綺麗です。

中間照星の位置を変更していて、現在の中間照星付近に1か所小さい窪みがあります。

名前こそ「ウェザビー」ですが、元々は日本の「ニッコー」が作成した散弾銃となってます。

銃身長は30インチの上フル・下インプモデ いわゆるトラップ絞りとなります。

前所持者使用中に不発現象が発生し、撃針・ハンマースプリングを新品交換(部品の在庫は日本全国どこにもなかったので、イチから作成してもらいました)してまいます。

その後、筆者が完成試射しまして不発が治っていることを確認していますのでご安心ください。

トランクケースが付属します。

これからトラップ射撃を、といった方いかがでしょうか!

銃身長30”、右射手用、重量3.9kg、LOP35.5cm

 

 

 

お問合わせはお電話・FAX・メール・SNS各種お待ちしております。

電話   0166-63-5210

FAX   0166-63-2702

メール  info@shootingsupply.co.jp

フェイスブック  シューティングサプライ フェイスブック公式ページ

YouTube シューティングサプライ YouTube公式チャンネル

Twitter  シューティングサプライの渡辺です

 

 

 

Shooting Supply  わたなべ

 

コメントを残す