逃げる鹿も「ピタリ」と止まる!!狩猟に使う「鹿笛」って知ってる?

鹿の求愛の鳴き声を真似することができる鹿笛。鹿笛を吹くと、なぜか鹿の動きが「ピタッ」っと止まるんです。鹿笛の用途は主に狩猟に使われ、「コール猟」とも呼ばれています。

 

「なぜ鹿笛を吹くと鹿の動きが止まるのでしょうか?」

 

気になりますよね!そこで今回は鹿笛を吹くと鹿の動きが止まる理由や、実際に鹿笛を使って狩猟をしている動画もご用意したので、最後まで読んでみてくださいね!

そもそも鹿笛とは?

 

鹿笛とは、オス鹿が求愛の時に出す鳴き声を真似するために作られた笛で、主に鹿の狩猟などに使われています。Amazonなどでも購入することができ、3,000円〜5,000円程度のものが多いです。普通の笛とは違い、ただ吹けば鳴るわけではなく、鹿の鳴き声に近づけるためには練習が必要です。

なぜ鹿笛に反応するのか?

鹿が鹿笛に反応する理由を説明するには、まず鹿の繁殖期の生態を知っておくとわかりやすいので、まずは繁殖期の生態について簡単に説明していきます。

繁殖期(10〜11月)のオス鹿は数頭のメスを囲い込む習性を持っています。
このメスを囲い込んだ状態のオスが、縄張りで、メスを呼ぶ他のオスの求愛の声を聞くと、「邪魔鹿を排除せねば!」と声のする方に寄ってきます。つまり鹿笛に反応する理由は「オスの排除」だったんですね!

この習性を使っておびき寄せる道具が「鹿笛」であり、射止めるのが「コール猟」と言われています。

オス鹿の求愛の鳴き声

では、オス鹿の鳴き声とはどういったものでしょうか?
イヌの遠吠えの様な鳴き声が、次第に高くなってしばらく続き、最後に急に低くなります。

鹿笛の音

オス鹿の求愛の鳴き声と鹿笛の音を比較するために、実際の鹿笛の音も聞いてみましょう。確かに若干違いはあれど、比べないとわからないレベルなので、鹿が聞き分けられないのもわかります。

鹿笛を使った実際の狩猟シーン(閲覧注意)

最後に、鹿笛を使ったコール猟を観てみましょう。オス鹿のケンカ中に鹿笛を鳴らすと「ピタッ」っと止まり、その瞬間を1発ヘッドショットしています!もう1匹は銃声に驚き逃げようと走り出しますが、ここでも鹿笛の威力が発揮されます。逃げる鹿に鹿笛を鳴らすと、「ピタッ」と動きが止まり、その瞬間またしてもヘッドショット!

 

確かに動きが止まっているという状況ではありますが、約300mほど先にいる鹿を続けて2回ヘッドショットするのには相当な技術が必要であり、鹿笛とハンター両方の実力が垣間見える動画です!

 

使用銃:レミントンM700ベースのカスタムライフル 300winmag

 

おわりに

今回は「鹿笛」について鹿の生態や動画と共に解説してきました。鹿笛は、雄鹿の求愛に出す鳴き声を真似した道具だったんですね!狩猟の世界は奥が深い!

 

 

コメントを残す