ジビエの鴨肉はこんなに栄養満点!美味しくいただくレシピとコツを紹介!

 

 

ジビエ料理とは鹿や猪、野生の鳥や肉を使う料理のこと。あまり馴染みがなく、食べた事が無いという人も少なくない食材かもしれません。

 

しかし近年、ジビエが高タンパク、低カロリーで栄養価が高い、ヘルシー食材だということに注目が集まっています。脂肪が少なく引き締まり、栄養も豊富でヘルシーなジビエ料理はダイエットにピッタリな食材なのです。

 

今回はジビエ料理の中でも鴨肉について詳しく見ていこうと思います。鴨肉を摂ることで、身体にどんな嬉しい効果が期待できるのでしょうか?

鴨肉に含まれる栄養素

 

 

鴨肉は一見脂が多い印象がありますが、実は他の肉に比べ消化されやすく胃にもたれません。ヘルシーで美容にも良いとされている鴨肉はダイエットや健康な体作りにベストなお肉なのです

 

まず鴨肉は、コレステロールが少なく不飽和脂肪酸や鉄分、ビタミンB2が他の肉類に比べて豊富で、疲労回復効果が高いといわれています

「不飽和脂肪酸」は、植物油に多く含まれているもので、血中コレステロール値を低下させる作用があるといわれています。脂がたっぷり乗っているにも関わらず、鴨肉はコレステロール値を下げる効果をもたらしてくれます

ビタミンB群は細胞の再生や粘膜を強くしてくれることから、肌や髪、爪など強く美しく保つ効果のある重要なビタミンです。

 

このように鴨肉を摂ることで健康&キレイな体作りが目指せるのです。

オススメ鴨肉レシピ!

①鴨肉のロースト

 

材料 2人前

・鴨むね肉 260g
・塩 ふたつまみ
・黒こしょう ふたつまみ
・じゃがいも (160g) 1個
・アスパラガス 160g
①赤ワイン 大さじ2
①バルサミコ酢 大さじ1
①しょうゆ 大さじ1
①はちみつ 小さじ2
・サラダ油 小さじ1/2
・塩こしょう ひとつまみ

 

手順/準備

鴨むね肉は15分程前に常温に戻しておきます。

1.じゃがいもは皮をむいて芽を取り除き、くし切りにします。耐熱ボウルに入れてふんわりとラップをかけ、600Wの電子レンジで2分加熱します。
2.アスパラガスは根元を切り落とし、根元から3cm程の部分をピーラーで剥き、5cm幅に切ります。
3.鴨むね肉は余分な皮や脂、薄い膜を取り除きます。皮の表面に格子状に切り込みを入れます。全体に塩と黒こしょうをふります。
4.中火で熱したフライパンにサラダ油をひき、1、2を入れて焼きます。全体に焼き色が付いたら塩こしょうをふり、火から下ろします。
5.同じフライパンに3の皮目を下にして入れ、中火で加熱します。3分程加熱し焼き色がついたら裏返し、焼き色が付くまで3分程中火で加熱します。
6.蓋をして3分程度経ったら蓋を開けて裏返し、再び蓋をし3分程経って中まで火が通ったら火から下ろします。
7.フライパンの脂をキッチンペーパーで軽く拭き取り、①を入れ中火で加熱し、煮詰めます。
8.6を1cm幅に切ります。
9.器に4、8を並べ、7をかけて完成です。

 

point! 鴨はゆっくり焼くことで旨味を閉じ込めます。焼いてすぐに肉を切ると肉汁が外に出てしまうので、少し置いて落ち着かせてから切ります。

 

※こちらのレシピは、はちみつを使用しております。1歳未満(乳幼児)のお子様はお召し上がりにならないようご注意ください。はちみつは、砂糖でも代用できます。それぞれ種類によって甘さが異なりますのでお好みで調整してください。

 

参考サイト:https://www.kurashiru.com/recipes/7bcfb325-5d2d-49a8-aabf-30b054dc8404

 

 

②鴨鍋

 

材料(4人分)

・鴨肉ロース 600g
A酒 大さじ2
Aみりん 大さじ1と1/2
Aうす口しょうゆ 大さじ2/3
A粉ざんしょう 小さじ1/3
・白菜 4枚
・水菜 1束
・しいたけ 4枚
・まいたけ 1パック
・絹ごし豆腐 1丁(350g)
・生麩・もみじ麩、梅麩など 1/3本
・長ねぎ 2本
・出汁 大さじ1
・水 8カップ
Bうす口しょうゆ 2/3カップ
Bみりん 2/3カップ
B酒 1/4カップ


手順

1.鴨肉は余分な脂身を取り、ひと口大のそぎ切りにし、両面を包丁で軽くたたく。
2.ボウルにAを合わせ、(1)の鴨肉にふりかけ、下味をつける。
3.白菜は芯と葉の部分に切り分け、ひと口大に切る。
長ねぎは1cm幅の斜め切り、水菜は6~7cm長さのザク切りにする。
4.しいたけは石づきを取り、表面に飾り切りをする。まいたけは根元を切り、小房に分ける。
豆腐は8等分に切り、生麩は5mm幅に切る。
5.鍋に水、「かつおとこんぶのあわせだし」、Bを合わせて煮立て、鴨鍋だしを作る。
6.(3)、(4)の具材を火の通りにくいものから加え、(2)の鴨肉を加えて
火が通ったら出来上がり。

 

参考サイト:https://park.ajinomoto.co.jp/recipe/card/704660/

まとめ

以上鴨肉についてまとめました。脂が乗ってて美味しい上に美容にも健康にもいいなんてまさに一石二鳥の食材です。キレイになりたい、健康になりたい方はぜひジビエ料理を取り入れてみてください!

コメントを残す