スコープ調整詳細解説!サベージ Savage 220F ボルトアクション ハーフライフルショットガン


今回はyoutube人気の高い動画「サベージ Savage 220F ボルトアクション ハーフライフルショットガン」をポイントごとに紹介していきたいと思います。

 

Savage 220F ボルトアクション ハーフライフルショットガン

この銃はサベージ220Fというハーフライフルのボルトアクションショットガンです。

※動画内の銃のストックはカスタム品に換装されてます。
番径は20番、20番のサボットスラッグ専用銃です。
まだライフルを持てない10年未満のハンターに非常に人気があります。
大体150m~200mぐらいは十分使えます。


取り扱いは、ほとんどライフルと変わりません。反動はそうとうやっぱり強いですねぇ。
20番でもなかなか馬鹿にならない反動がきます。

(フェデラル 3インチ 銅弾装弾を使用してます)
スコープは、まだ乗せたばかりで調整が終わってません。

リューポルド VX-1 3-9×40㎜スコープを搭載、調整です。
(アップ2,20cm20cm,アップ20cmですが、21,3,7,11,11で左に10,11、10よしと)

 

これが今の20番で撃った弾ですね。

1発目2発目撃ってサイトを調整し直して、ここに来たんですね。

 

 

これはまぁフライングですね、この辺がそうですが、最後にまた調整し直してちょっと右に寄せてここに
来てます。

 


で、100mでこのグルーピングですから十分ですね。

もう少しあと5cm高く補正しとこうと思ってます。

 

「これはスコープの調整になるんですね」

「そうです。」

 

 

(エべレーションをアップ方向へ回します。)

よしよし、この辺だろうな、これで出してよしと、これでいいかな、

 

そして0に持ってくる

(エレベーション・ヴィンテージの調整が完了後、目盛りの「0」と切り欠きを合わせます)

よしと、そして上もよしと

これでバッチリ100mでセンターになってます。

 

 

いかがでしょうか。

スコープの調整の参考にして頂ければと思います。

 

Youtube動画はこちら

 

サベージの一覧はこちら

 


コメントを残す