現代に蘇る西部開拓時代の名銃 A.Uberti -アルド・ウベルティ-


uberti_catch

老舗メーカーベレッタも本社を置く、イタリア共和国ロンバルディア州ブレシア県ヴァル・トロンピア村にある銃器メーカーです。
前回ご紹介した、「デビッド・ペデルソリ」と同じく、西部開拓時代に製造された銃のリプロダクトを製造しています。

同社の歴史は、1959年に創設者アルド・ウベルティ氏が南北戦争時代のキャップ&ボールリボルバーのレプリカの製造開始したところから始まります。
創業後は、パーカッションリボルバー・マスケット銃・ライフル・カートリッジリボルバー、そしてレバーアクションライフル等、多種にわたる西部開拓時代のレプリカ銃器を世に送り出し、マカロニウエスタン(イタリア製西部劇)でも頻繁に使用されるようになりました。

ウベルティで製造されている銃は、当時のディテールを厳格に再現しつつ、材料や近代的技術を採用し、内容はオリジナルを超えるクオリティとなっています。

アルド・ウベルティ工場見学動画

【ウィンチェスターM1866 イエローボーイ】

66yellowboy

マカロニ・ウエスタンに最も登場するライフルです。
真鍮フレームをみたインディアンにより”イエローボーイ”のニックネームがつけられます。
前身となるヘンリー・ライフルの、面倒な装填や脆弱な銃身下部弾倉の問題を改良されて生まれた、ウィンチェスターM1866。この銃からウィンチェスターの名がつけられるようになりました。

ubelink009

カートリッジは、フレーム側面のローディングゲートから装填できるようになりました。

鏡面仕上げのソリッドブラスと、サテンウォールナットのコントラストが非常に美しい銃ですね。

ubelink001

M1866 イエローボーイ商品ページへ→

【ウィンチェスターM1873シリーズ】

73carbine

M1866の改良型として登場したM1873。弾丸の共有が可能な、コルトSAAと共に「西部を征服した銃」という、アメリカ史に名文を残した銃です。銃身の仕様や仕上げ違いのカスタムもお選びいただけます。

ubelink003

M1873 カービン 商品ページへ→

ケースハードゥンフレームと黒銃身のスタンダードなM73カービンです。

ubelink002

M1873 カービン シルバーフィニッシュ 商品ページへ→

銃身・フレーム共に美しく研磨されたシルバーが光る、M73カービンです。

ubelink005

M1873 カービン チャコールブルー 商品ページへ→

ケースハードゥンフレームに、銃身・ストックエンド・レバーはチャコールブルーフィニッシュが施されたM73カービンです。

ubelink004

M1873 ライフル オクタゴンバレル チャコールブルー 商品ページへ→

ケースハードゥンフレームに、銃身とストックエンドはチャコールブルーフィニッシュが施されたオクタゴンバレルM73ライフルです。

ubelink007

M1873 ライフル 24.5インチ オクタゴンバレル 商品ページへ→

ケースハードゥンフレームに、黒銃身の24.5インチバレルが特徴のM73ライフルです。

ubelink006

M1873 ライフル 24.5インチ オクタゴンバレル シルバーフィニッシュ 商品ページへ→

銃身・フレーム共に美しく研磨されたシルバーが光る、24.5インチバレルが特徴のM73ライフルです。

【ウインチェスターM1876 センティニアルライフル】

76centennial

M1873の改良型。フィラデルフィアで行われた合衆国独立記念100年祭に出品されたため、「センティニアル」の別名があります。
ルーズベルト大統領が愛用したとも言われています。

ライフル・散弾銃いずれかでの出荷が可能となっています。

ubelink008

ウインチェスターM1876 センティニアルライフル 商品ページへ→

28インチのオクタゴンバレル、ケースハードゥンフレーム、ウォールナットのストック・フォアエンド


コメントを残す